コラム

evernoteでの将棋日記の書き方

現在、橋本はWEB将棋レッスンでevernoteの共有ノートブック機能を使ってレッスンノートを作り、生徒さんと共有しています。evernoteの共有機能は棋譜や図面を貼って、予習しておく局面を指定したり、レッスンでの対局のポイントをまとめたりするのに便利です。


evernoteによる将棋日記の奨め

その他、橋本はevernoteで将棋日記を付けることを生徒さんに推奨しています。

1.将棋の勉強に関する日記……詰将棋を何題解いた、インターネット対局をした、棋譜並べをしたというような将棋の勉強記録ですね。これは将棋だけではなく、他のプロ競技やビジネスにおいても長期的に大きな財産になる習慣だと思います。
2.課題局面や棋譜……自分の課題局面や、指した棋譜でもう少し考えて結論を出したい局面などを日記に貼り付けます。特に自分にとって長期的に重要だと考える局面に関しては新しくノートブックを作って、戦型別に分類してまとめておきます。最初は有効利用が難しいとは思いますが、アマトップレベルや奨励会上級者~有段者レベルになった時に役立つ習慣です。

こうした日記の習慣は、以前は紙ベースの日記帳で行っていたと思います。でも、電子媒体のほうが手軽で続きやすいですし、将来的には電子媒体での日記のほうが常識になると思うので、evernoteでの日記を推奨しています。受験勉強とかなら「手で書いたほうが覚えられる!」という理屈はあるのですが、将棋の棋譜を手書きしたからと言って強くなれるわけではないですからね。ただ、棋譜並べに関しては現実の盤を使って並べるということも取り入れたほうがいいような気はしています。ネットでばかり指していると、現実の盤を前にした時、なんか違和感を覚えちゃうことがあります。


棋譜の作り方・貼り方

扱っているソフトウェアによって多少異なりますが、ここでは「Kifu for windows」を例にあげて説明します。まずは、Kifu for windowsで大会や道場などのリアルで指した将棋を再現して棋譜を作るやり方です。

①Kifu for windows を起動する。
②「新」を押して新規対局を開始する。
③棋譜を並べる。
④投(投了)または中(中断)をして棋譜を保存する。その時、kifu形式、csa形式などを選ぶことができる。
その他……棋譜を並べ終わった状態、またはKIfu形式などのファイルを開いた状態で「編集」を押し、「棋譜のコピー」を押し、「時間付き(KIFU形式)」「時間無し(KI2形式
)」などを押すと、クリップボードに棋譜をコピーすることができる。コピーをしたままevernote上で「Ctrl+V」を押すと棋譜を貼り付けることができる。


Shogipicを使った局面図の作り方・貼り方

Kifu for windowsやその他のソフトで局面図を作ることも可能ですが、Shogipicというサイトを使うと手軽に綺麗な局面図を貼れるので推奨しています。
Shogipicのトップページから「駒を並べて局面図をつくる」を押す。
②駒を動かして局面図を作る。ファイルを読み込んで局面図を作る。棋譜を読み込んで局面図を作る。(棋譜やファイルを読み込むと複数の局面図を作りたい時に便利です)
③「画像作成」ボタンを押す。でてきた画像を右クリックして「画像をコピー」を押す。
④evernote上で「Ctrl+V」を押すと局面図を貼り付けることができる。


まとめ

ここで書いたような方法で棋譜を書き出し、局面図を貼り付けられるようになると、evernoteでの将棋日記も充実したものになります。指導者に棋譜をみてもらったり、アドバイスを貰いたい時にも役立つでしょう。
将棋に関する日記・ノートを作ることは、これからの時代にプロを目指す子供達にとって必須の習慣になってくると思います。